私が好きな曲は、声優の小野大輔さんが歌う「Sunday in the rain」です。
タイトルの通り、雨の日曜日に、彼女と出かけるはずだったけれど雨のせいで出かけることができず部屋の中で彼女と過ごす、というストーリー仕立ての曲です。
特にお休みの日に雨が降っていると「せっかく出かけようと思っていたのに」と残念な気分になることがよくあると思います。

 

そんなとき、私はこの「Sunday in the rain」を聴いて気持ちを少しだけ落ち着けるというか、楽しい気分にしようという気持ちになります。
曲中でのカップルは雨の中、彼の部屋で朝ごはんを食べ、ゲームをしたりして過ごします。
そして、一緒にでかけることができなくても、一緒に傍に居て過ごすことで幸せを感じられると歌っています。

 

歌っている声優の小野大輔さんの少し低めだけど、甘めの声に、サビの楽しげなリズムが憂鬱になりがちな雨の日曜日のイメージを楽しいものに変えてくれます。
そして、雨の時には部屋の中でできる楽しいことをして過ごそう、気持ちを切り替えよう、という風になります。
また、逆に日曜日に雨が降っていると、この曲がぴったりだと思って嬉しくなってよく聴いたりしています。

 

少しの視点の転換で、気持ちを切り替えられるこの曲が私は大好きです。

 

 

私はGREEN DAY の曲が全般的に好きです。
身近で彼らのことを一緒に語れる人がいないのが残念です。
彼らのコンサートには何度も行っています。

 

毎回、楽しいライブパフォーマンスと、かっこいい歌と演奏で素晴らしいコンサートです。
GREEN DAYの曲を聴くようになってから、すでに約20年がたとうとしています。
彼らと一緒に大人になってきたという感じです。

 

彼らの曲を聴き始めたころ、すごいバンドだと感じました。
そして、絶対に世界的なバンドになる、と確信しました。
ジャンルはパンクバンドですが、何ともいえないかっこよさがあります。

 

それは年々、かっこよさを増してきています。
GREEN DAY の曲は、何か私の心の中で求めているものと波長があったようです。
アルバムCDはほぼすべて買いました。

 

今はその中でもお気に入りのアルバムを良く聴いています。
いつまでも活動を続けてほしいバンドです。
これからも細く長く、GREEN DAY を応援していこうと思います。

 

 

 

加山雄三さんの『お嫁においで』ラジオで始めて耳にした時から素敵な曲だなと思っていたのですが、槇原敬之さんや福山雅治さんなどたくさんのアーティストの方にカバーされているのだと知ったのは実は最近のことでした。
[もしもこの舟で君の幸せ見つけたらすぐに帰るから僕のお嫁においで]という印象的な言葉をはじめとした愛にあふれた歌詞と、明るいメロディがあいまって、なんとも幸せな気分にさせてくれます。
結婚式の入場などの際にぴったりな曲だなと思うのですが、実際に使われたという方もきっと少なくないのではないのでしょうか。

 

ちなみに私は、普段でも、料理や洗濯など家事をしながら、ふと、口ずさんだり、鼻歌で歌ったりしてしまいます。
最近は特に福山雅治さんのバージョンのものを聞くことが多いです。
福山さんのあのセクシーな歌声での『お嫁においで』一度聞いてしまうと、ついつい気になってしまい、リピートしてしまいます。

 

おすすめの一曲です。